1966年の祈り

二人の老牧師が抱き合っている写真が、新聞に掲載されていました。

一人は87歳の平良修牧師(沖縄・うふざと教会)、そしてもう一人は、92歳のウィリアム・エルダー宣教師(大阪女学院大学名誉教授)です。二人とも日本キリスト教団の関係牧師です。

1966年11月、34歳だった平良牧師は、当時沖縄が米軍統治下にあり、最高権力者だった高等弁務官の就任式で、次のように祈りました。

神よ、願わくは、
世界に一日も早く平和が築き上げられ、
新高等弁務官が最後の高等弁務官となり
沖縄が本来の正常な状態に回復されますように、
切に祈ります。

式の直前、平良牧師は二人の宣教師に原稿チェックをしてもらいます。一人は、こんな祈りをしたら危険だから止めるようにと言ったそうです。けれども、もう一人のエルダー宣教師は、「大胆だが、当たり前の祈り」として励ましたそうです。この励ましを抱いた平良牧師は、勇気を持って大胆に祈りました。

大きな波紋を呼びました。平良牧師そしてエルダー宣教師のもとには抗議が殺到します。けれども、エルダー宣教師は「あなたが同じ立場なら何を祈るか」と応答されたそうです。

その出来事から50年以上の時を経て、沖縄で平良牧師とエルダー宣教師が再会し、対談を行いました。沖縄が日本に「復帰」した後も、米軍基地が集中しており、反対の民意が示されたにも関わらず辺野古への基地移設を強行している、「今も祈りが必要だ」と二人はおっしゃっています。1966年の祈りが、今も続いているのです。 (有明海のほとり便り no.136)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です