横野朝彦牧師との出会い

教団新報が届きました。先日、山鹿教会の代表役員変更登記手続きを終えて、教団に書類を送っていたので、「そろそろかなぁ」と教師異動報告を眺めると、山鹿教会の代務者就任に確かに私の名前がありました。全国の教会に必ず送られる新報なので、この報告に様々な思いを抱かれる方たちがおられるはずです。私自身も「もう後には引けない」という思いです。どうか、山鹿教会に相応しい牧師が与えられることを、ご加祷ください

けれども、そんな教師異動報告に嬉しい偶然がありました。私たちが東京でとてもお世話になった横野朝彦牧師が、隠退から復帰され、高槻日吉台教会(大阪)の代務者に就任されたことが同じ紙面にあったのです。

私は、神学校1年の終わりに、Hさんと結婚しました。札幌に住むHさんが東京で仕事を見つけたまでは良かったのですが、困ったのは住居でした。家賃を支払えるだけの十分な収入はありません。そんな時に、番町教会(東京)の横野先生が、教会が入っているマンションの一室を、教会に掛け合って提供して下さったのです。卒業までの3年間、横野先生、そして今は召されたお連れ合いのYさんはじめ、教会の皆さんが私たちを物心そして霊的に支えて下さいました。振り返れば経済的には最も貧しい3年間でしたが、そんなことを全く感じず、むしろ沢山の祝福を受けた豊かな3年間でした。Bが生まれたのも、この番町教会時代でした。

私たちが番町教会から離れてからも、横野牧師は度々会いに来て下さり、またお電話を下さっています。私たちのまさに恩師です。いまは岡山にお住まいなので、いつか荒尾教会の特別集会にお招きしたいと願っています。(有明海のほとり便り no.126)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です