友だちになるために

新沢としひこさんというシンガーソングライター・作詞作曲家がおられます。幼児教育・保育界で様々な行事のたびに歌われる、数々の名曲を生み出している方です。

お父様は新澤誠治さんという方で、長く東京・江東区にある神愛保育園というキリスト教保育園で園長をされた方です。その影響もあるのでしょうか、新沢さんの作り出す曲には、聖書のメッセージとよく響き合うものがあります。

代表曲の一つ『友だちになるために』には、次のような歌詞が綴られています。

 友だちに なるために 人は 出会うんだよ
ひとり さみしいことが だれにでもあるから
友だちに なるために 人は 出会うんだよ
だれかを きずつけても 幸せには ならない
今まで出会った たくさんの
きみと きみと きみと きみと きみと きみと きみと
これから出会う たくさんの
きみと きみと きみと きみと ともだち

神さまがかけがえのないものとして下さっている、この<いのち>は、「人と出会い、人と共に生きる」という使命(mission)が与えられています。誰よりも子どもたちが、この使命を一番体現しています。

この原点に立って、今日新たに選ばれる国会議員も、私たちも歩んでいきたいと切に願っています。 (有明海のほとり便り no.118)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です