あなたの愛が 私を揺り動かす

東京・代田教会の平野克己牧師が『祈りのともしび~2000年の信仰者の祈りに学ぶ~』という本を出版されています。初代キリスト教会から始まり現代のキリスト者まで35人の祈りが集められています。

驚きとともに深い感動を覚えたのが、フランシスコ・ザビエルの祈りでした。ザビエルは1549年に日本に初めてキリスト教を伝えました。たった2年間の日本滞在だったにも関わらず、大きな影響を残しました。

主よ 私があなたを愛するのは あなたが天国を約束されたからではありません
あなたに そむかないのは 地獄が恐ろしいからではありません
主よ 私を引きつけるのは あなたご自身です
私の心を揺り動かすのは 十字架につけられ 侮辱をお受けになった
あなたの姿です あなたの傷ついた体です
そうです主よ あなたの愛が 私を揺り動かすのです
ですから たとえ天国がなくとも 主よ 私はあなたを愛します
たとえ地獄がなくとも 私はあなたを畏れます
あなたが 何もくださらなくとも 私はあなたを愛します
望みが何もかなわなくとも 私の愛は変わることはありません
ですから たとえ天国がなくとも 主よ 私はあなたを愛します
何もかなわなくとも 私の愛は変わることはありません

この祈りに込められたザビエルの信仰、そして神への信頼を荒尾教会でも大切にしていきましょう。 (有明海のほとり便り no.106)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です