原淑美教師との再会

 よもや原淑美さんとこんな形で再会するとは。

 初めての出会いがいつだったか・・・、そうあれは20年近く前、東京・中野にある学生キリスト教友愛会(SCF)だった。その出会いから私も大学などで東京を離れ、会うことはなかった。かなり経ってから、神学校で学ぶため東京に戻った。すると、当時原教師が牧会されていた花小金井教会へ、年に一度ある神学校日礼拝に招いてもらった。本当に久しぶりの再会だった。そして、とても嬉しかった。いわゆる出身/関係神学校に縛られることなく、原教師が出会いを大切にしつつ、そして私のことを覚えていて下さっていたことを知ったから。

 それからまたしばらく会うことはなかった。けれども、時々会う本多香織教師(瀬戸内教会)から、原教師が奄美へ移住されたこと、そこから喜界教会へ赴任されたことを伺って、とても嬉しかった。あぁ大切な友が頑張っている、と。

 2年前、同じ九州教区にある荒尾教会に私も赴任することになった。九州に行ったら会いたい人リストを頭の中で勝手に作っていたが、原教師はそのトップ5に入っていた。けれども、教区総会などで顔を合わせても、お互い時間がなく中々ゆっくり話す時はなかった。

 そんな中で、9月15日・16日の喜界教会訪問が実現した。礼拝は私を含めて5名。地域の行事などが重なり欠席された方も多かったそうだが、人数は関係なかった。出席者の一人ひとりが、真剣に、真摯に、朗らかに、御言葉に耳を傾けている姿が目に焼き付いている。御言葉を、祝福を何とかお伝えする役で行った自分が、逆に出会いを通して神さまの祝福をいただいた。この出会いを、もっともっと深めていきたい。(『喜界教会通信』第11号より抜粋) (有明海のほとり便り no.104)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です