「僕は人間じゃないんです」

 RADWIMPS(ラッドウィンプス)というロックバンドが歌う『棒人間』。園内研修で戸田奈都子牧師(川内教会)が紹介してくれた曲です。「フランケンシュタインの恋」というドラマ主題歌に使われたそうですが、まったくテレビを観ない生活を送っている私は、初めて聴く曲で衝撃を受けました。そこに込められているのは、「僕は人間じゃないんです」というメッセージです。

ねぇ 僕は人間じゃないんです ほんとにごめんなさい

そっくりにできてるもんで よく間違われるのです

僕は人間じゃないんです じゃあ何かと聞かれましても

それはそれで皆目 見当もつかないのです

見た目が人間なもんで 皆人並みに相手してくれます

僕も期待に答えたくて 日々努力を惜しまないのです

 この曲をみんなで聞いたあと、「この歌にたくさんの人たちが共感している。同じようになりたくても出来ないと感じている人たちがいる。発達障がいと共に生きる子どもたちも同じように感じているのでは」と奈都子先生は話されました。

 ぜひ一度お聞き下さい。 イエス・キリストは、この同調圧力の強い日本社会の中で、「僕は人間じゃない」と感じている人と共に歩んでいます。 (有明海のほとり便り no.103)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です