2019年も福音の灯火を

2019年が始まりました。

「さぁいよいよ明日から幼稚園が始まるなぁ~」と思っていた矢先に震度4の揺れがありました。皆さんの所は大丈夫だったでしょうか。今回は行いませんでしたが、今後さらに大きい地震や災害があった際は、教会から各信徒の所へ安否確認を行っていきたいと思っています。

全国から私や絆奈さんの携帯に心配の連絡が続きました。北海道、宮城、茨城、東京、静岡、兵庫、福岡…。こちらはまったく被害がなかったので、何だか恐縮しつつ、けれども久しぶりの声に逆に励まされました。

年末に、神学校時代の先輩であり、とても親しくしていたGさんより数年ぶりの電話がありました。不器用な所があり、神学校を卒業後も中々上手くいきませんでした。卒業時に合格を求められる補教師試験も一発では合格できず(ここ10年位かなり試験自体の難易度も上がっています)。一年後、私が試験を受けた時も一緒に受けたのですが、体調を崩して試験に遅刻…。一度ある教会の伝道師として働いたのですが、そこを辞めてからは、ずっと無任所教師でした。そのGさんから電話があり、この1月から赴任先が決まったとのこと。Gさんの自宅からも通える範囲にある小さな伝道所です。ただし、会員は2名で、建物の家賃支払いにも困るような財政状況です。もちろん謝儀もほとんど出ません。無い無い尽くしですが、Gさんの声には落胆ではなく不思議と召命感から来る力がありました。 Gさんが遣わされた伝道所、荒尾教会、全国の教会・伝道所・付帯施設に灯された福音の灯火が、2019年も光り輝き続けることを祈ります。 (有明海のほとり便り no.91)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です