大牟田正山町教会との子ども合同遠足

先週は大牟田正山町教会の子どもの教会メンバーたちと、「とても」楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

まず集合場所の諏訪公園の駐車場に行ってみると、何とサッカーの試合が行われていて、急遽沿岸道路を挟んで反対側へ。行ってみると当初予定していた場所よりも人も少なく、丁度よい芝生スペースがあり一安心。荒尾教会チームは子ども6人・大人7人、大牟田正山町教会チームは子ども2人・大人11人。教会から持っていった敷物では足りず、急遽みんなの敷物を持ち寄るなど、若干(?)のハプニングはありつつも、正山町教会子どもの教会の校長であるOさんにお祈りしていただき、まずはお弁当タイム。その間に、ガムテープとマジックを配って、それぞれが名札作り。終わった頃を見計らって、自己紹介を子どもたちにしてもらいました。0歳から中学生までの幅広い層が集まりました。

早速、楽しいゲームタイム。前日、色々なアイディアを持ち寄り厳選したゲームを、荒尾教会のBくんが手書きでプログラムを作ってくれました。どっこいしょゲーム→蛙跳び競争→お菓子食い競争→おやつタイム→カエルの歌輪唱→野球→ハンカチ落とし→アブラハムダンスと、盛り沢山でした。最初は初めて会う同士でちょっと恥ずかしがっていた子どもたちも、進む中でどんどん打ち解けていきました。初めて野球に挑戦する子たちも、バットに当たったボールが遠くに飛ぶのを見て、段々誇らしげな表情に。最後のアブラハムダンスでは、みんな笑顔だけどヘトヘトに。

こんな風に、大牟田正山町教会と荒尾教会が交流できたことに、心から感謝です。歴史的な一歩だったのではないでしょうか。何よりも子どもたちが喜んでくれました。ぜひ来年度も行えるといいですね。

(有明海のほとり便り no.78)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です