2つの自然災害

災害が続き、東日本大震災の時のことを思い出し、胸が痛みます。

台風21号によって、関西・北陸に大きな被害が出ました。同じ日本キリスト教団のT教会幼稚園では、9月4日(火)午後3時10分頃、突風で園舎2階の屋根がはがれました。休園にしていたため、子どもはもちろん大人にも誰も怪我はなかったそうです。

HPを見ると、荒尾めぐみ幼稚園と同じように来年度の園児募集が始まっています。幼稚園の歩みが守られることを切に祈ります。

9月6日(木)3時8分頃、震度7におよぶ北海道胆振地方地震が起こりました。死者23名、行方不明5名の人的被害が出ています。

停電などライフラインの回復にはまだ時間がかかりそうですが、教団の教会や幼稚園における被害は今の所出ていない様子です。北海教区幹事の小西陽祐牧師が発災以来精力的に被害の大きかった地域を問安し、報告を上げて下さっています。厚真町への訪問報告の中に、こんな言葉が記されていました。

土砂崩れで埋まった家の方にお話を聞き、許可を得て写真を撮らせてもらいました。その方が一言「人生がまったく狂ってしまったよ」と言われた言葉が耳から離れません。

適切な助けと支えとが、被災されたすべての方たちに届きますように。

(有明海のほとり便り no.75)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です