関東大震災と朝鮮人虐殺

1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が起こり、10万人を越える死者が出ました。

大震災の混乱の中で、人々の中でデマが広まりました。「朝鮮人が暴動を起こして井戸に毒薬を投げ込んだ」、「強盗、強姦、殺人を犯している」と。これによって、「軍隊、警察だけでなく、在郷軍人会や、消防団、青年団が中心となって組織した民間人による自警団が各地で多数の朝鮮人を無差別に虐殺しました」。

一命を取り留めた朝鮮人青年たちは、学友会、YMCA、天道教青年会を中心として「罹災朝鮮同胞慰問団」を組織、虐殺の実態調査などの活動を行いました。妨害を受けて調査は困難を極めましたが、虐殺者総数約6661名という数字は、実際の犠牲者に近い貴重な記録と言われています。翌年YMCAが他団体と共同で開催した虐殺同胞追悼会は、その後も長く続けられ、今日における毎年9月1日の東京YMCAとの合同祈祷会に至っています。(在日韓国YMCA 2・8独立宣言記念資料室HPより)

災害が起こった際、問われるのは日常です。どのような関係性を普段つくってきたのか。それが排他的なものだったのか、多様性に基づいたものだったのか。残念ながら、東日本大震災の際や、熊本・大分地震の際にも、似たようなデマ・ヘイトスピーチが起こりました。まだまだ道半ばであることは確かです。

関東大震災で起きた朝鮮人虐殺の歴史を忘れることなく、多民族・多文化共生型社会を祈り求めていきましょう。

(有明海のほとり便り no.74)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です